交通事故で治療のために整骨院を利用した場合に施術費用は請求できる?

交通事故が原因でむち打ち症などになった場合、多くの方が病院での治療の他に整骨院の利用をしていています。

このような、整骨院の施術費用を加害者に請求することはできるのでしょうか?

条件を満たせば整骨院の費用も請求可能

被害者の怪我の治療費は、損害賠償として加害者に請求することができます。

しかし、賠償請求できるのは必要かつ相当な範囲の治療費に限られます。

医療機関で医師が行う治療は、この必要かつ相当な範囲の治療と認められますが、整骨院は違います。

整骨院は医療機関ではないため、施術するのは医師ではありません。

整骨院での治療費が必要かつ相当と認められるには、病院の医師に相談し整骨院通院の了承を得る必要があります。

医師から診断書に、整骨院で施術が有効である旨を書いてもらえば、整骨院での治療の必要性が認められます。

医師からの了承を得ていなかった場合

医師からの了承を得ずに施術を受けていた場合、施術費用の請求を認めてもらうには整骨院に通う必要性を患者側が立証する必要があります。

整骨院の必要性、有効性

施術することで治療効果が期待できたか。

症状が緩和される効果があったかどうか。

内容の合理性

施術箇所と症状のある部位が一致していない等、施術が不合理な内容ではないかどうか。

相当性

施術の期間や費用が社会一般の水準から見て相当か。

患者側で上記の事実を立証できなければ、発生した費用を請求できない場合があります。

整骨院のみの通院の場合は後遺症認定がされない

治療しても完治までは至らず、症状固定となり後遺症になる場合もあります。

その場合、後遺症に対する損害賠償を受けることになりますが、そのためには後遺症である事を申請して後遺障害を認めてもらい、後遺障害等級認定を受ける必要があります。

しかし整骨院だけに通院した場合、整骨院の先生は診断書が書けませんので、後遺障害の認定に必要な後遺障害診断書をもらうことができません。

後遺障害診断書がもらえないと、交通事故によって生じた後遺症であると認められにくくなり、後遺障害等級認定が受けられないといった可能性が出てきます。

後遺障害認定を受ける事ができなかった場合、慰謝料面で損をすることになります。

事故後に整骨院を利用する際の注意点

整骨院に通院する際は必ず、病院と整骨院を併用し、医師の指示・許可をもらいましょう。

そして、交通事故でケガをしたらまずは整形外科に受診し、診断書を医師に書いてもらいましょう。

交通事故から時間が経てば経つほど、交通事故とケガとの因果関係の証明が難しくなってしまいます。

示談交渉の際に争いにならないように、交通事故による負傷であることを診断書で明記してもらい、交通事故との因果関係を明確にしておきましょう。

その上で、整骨院への通院の医師の許可をもらい、通院回数や頻度やどういう施術が良いか等の具体的な指示がある事や、整骨院での治療を有効と認めるといった記載を診断書でしてもらえると理想的です。

まとめ

交通事故のため整骨院を通院する場合は、必ず医師の指示を受けてから通院しましょう。

明確な指示を貰えなかった場合でも、最低限、医師の同意や許可をしっかり受けてから通院しましょう。

万一医師からの許可を得ずに整骨院へ通ってしまっていた場合には、弁護士に相談してみることをお勧めします。

投稿日: