当て逃げをされてしまったらどうすればいい?

駐車場に車を停めて戻ってきたら傷ができていた!などの被害に遭われた方は多いです。

犯人が見つからなかった場合にはどう対処すればいいのでしょうか?

当て逃げでも保険は適用される?

当て逃げにあった場合でも車両保険は適用されます。

しかし、車両保険のタイプによっては当て逃げの被害は補償されません。

当て逃げに遭った場合は、加入している保険契約の内容をよく確認しましょう。

車両保険には一般とエコノミー、2つのタイプがあります。

一般のものだと、当て逃げや盗難などの被害でも補償を受けることができます。

しかし、エコノミーの場合は当て逃げの被害は補償されません。

一般にくらべて保険料が安い分、補償の範囲が狭くなっている為です。

保険を使わずに自腹で修理した方がいいケースもある

免責金額によっては、保険を使わずに自腹で修理した方がお得になるケースがあります。

保険で修理をすると3等級ダウンして保険料が高くなります。

3等級ダウンすると、以前の保険料に戻るまで3年という時間が必要になってしまいます。

保険料が戻るまでの額を計算すると、修理代によっては、保険を使うとかえって損をしてしまう場合があるのです。

車両保険で修理するときはよく考えましょう。

等級と修理代にもよりますが、修理費が10万円程度の場合には自腹で修理した方が良いでしょう。

当て逃げに遭った時の対応

当て逃げの被害が発覚したら、まず警察への通報をして事故証明の発行をしてもらいます。

事故証明書は犯人への損害賠償請求や自身の保険を利用する際に必要な重要な書類となります。

次に目撃者・防犯カメラ等の証拠集めをします。

当て逃げが発覚したら、周囲に目撃者がいないか聞き込みを行いましょう。

事故現場が駐車場の場合だと防犯カメラに犯人が写っている可能性があるため、駐車場の所有者に事情を説明して、映像を入手しましょう。

また、自身の車にドライブレコーダーが付いている場合は映像を確認してみましょう。

そして加入している保険会社への連絡をします。

交通事故被害の損害は、加害者が加入する保険会社に対して請求するのが通常ですが、加害者が特定されていない当て逃げの場合には、被害者自身の車両保険で修理費などを支払わなくてはなりません。

先程解説したように、保険会社との契約内容によっては保障対象外の場合があるため、当て逃げ被害に遭ったら保険会社に報告と確認をしましょう。

修理費の支払い方法などを保険会社と相談をしてから、修理の依頼をされることをおすすめします。

当て逃げの犯人が見つかる可能性は低い

当て逃げなどの物損事故の場合、車のナンバーや防犯カメラの映像などの有力な証拠がない限りは、警察はあまり力を入れて捜査してくれません。

そのため、当て逃げの犯人が見つかる確率はかなり低いです。

spもしも犯人が見つかった場合には、示談交渉が難航する場合もあるため弁護士に依頼をすることをお勧めします。

まとめ

当て逃げにあった場合は、どんなに小さな傷でも警察に通報しましょう。

しっかりとした対応を取れば、負担を軽減することができます。

犯人がわからないからと諦めずに迅速に対処しましょう。

投稿日: